本文へスキップ

木村安寿(きむら やすとし) 公認会計士 税理士 行政書士 

TEL. 072-897-3018

〒573-0105 大阪府枚方市長尾東町1-43-10

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

セミナーのお知らせ

私たちは英知を集めて、コアコンピタンス経営に努めます。

■日本経営協会主催セミナー

  • 新任内部監査人のための 内部監査の基本と実務習得セミナー(大阪)
    日 時:平成29年5月30日(火) 10:00〜17:00(計6H)

    企業のガバナンス強化が求められるなか、健全な経営を実現するための機能として、内部監査の重要性がますます高まっています。そのため、内部監査部門に求められる役割や業務範囲は増加の一途をたどり、複雑さも増していますが、新任及び経験の浅い内部監査人の多くは、基本的な実務知識が不十分なまま、監査業務に従事しているケースも少なくないのではないでしょうか。
     本セミナーでは、内部監査を進めるにあたって必須の基礎知識をわかりやすく解説いたします。内部監査の意義から計画・実施・報告の具体的手順までを体系的に理解するとともに、事例演習を通じて効果的な実践のための勘所を身につけていただきます。
  • 経理部門の役割と機能強化のすすめ方セミナー(大阪)
    日 時:平成29年6月13日(水) 10:00〜17:00(計6H)
  • 経理部門の役割と機能強化のすすめ方セミナー(名古屋)
    日 時:平成29年7月13日(木) 10:00〜17:00(計6H)
  • 経理部門の役割と機能強化のすすめ方セミナー(名古屋)
    日 時:平成30年2月21日(水) 10:00〜17:00(計6H)
  • 〜「経営の視点」での役割と取り組むべき課題を指導する〜
     新会計基準への対応など、経理部門における業務は多忙を 極めています。その一方で、経理部門には本来、経営層に対 する意思決定情報のサポートや経営管理業務を行うといった 重要な役割・機能があり、その強化が求められております。 経理部門が経営的に重要な役割を果たすためには、様々な業 務の合理化に取り組みつつ、戦略的な課題への対応をすすめ ていくことが必要であります。
     このセミナーでは、指導経験豊富な講師が、経理部門が取 り組むべき課題とその内容について体系的・実践的に指導い たします。
  • 1日でわかる経営分析マスターコース(大阪)
    日 時:平成29年8月30日(水) 10:00〜17:00(計6H)

    財務諸表を分析することにより、過去から現在にいたる企業の経営状態(安全性・収益性・生産性・成長性など)を明らかにすることができます。
     しかし、それだけでは対象企業のことを十分に分析したことにはなりません。その企業の将来性を分析し、株主価値や買収価値を評価することが実務上でますます求められるようになってきております。また、そのような「企業価値評価」の視点を持つことにより、さまざまな分析比率の意義が明らかになり、今後の経営に活かすためのポイントを導きだすことにもつながります。
     このセミナーでは、「企業価値評価」という視点に立ちながら、経営分析の基礎から応用までを効率よく1日間で学んでいただきます。長年コンサルティングの実践に携わる講師が、実務に活かすためのポイントを明快に解説いたします。
  • 勘定科目別による 不正リスクを見抜く監査実践ポイント (名古屋)
    日 時:平成29年3月17日(金) 10:00〜17:00(計6H)
  • 勘定科目別による 不正リスクを見抜く監査実践ポイント (名古屋)
    日 時:平成29年9月20日(水) 10:00〜17:00(計6H)
  • 事例に学ぶ不正会計の実態と発見のポイント (大阪)
    日 時:平成29年11月16日(木) 10:00〜17:00(計6H)

    近年、新たに監査基準委員会報告書が設定されたり、内部統制の強化が図られていますが、企業の不正・粉飾決算等は、ますます高度化・複雑化しております。
     一旦、発覚が表面化すると、業績に影響を与えるばかりか社会問題化し、経営に与えるダメージは計り知れません。
     本セミナーでは、経験豊富な講師が、監査部門・経理財務部門が知っておくべき不正の防止発見方法や、勘定科目において不正・誤謬を見抜くポイントを実践的にわかりやすく解説いたします。
  • 利益計画達成のための『予算統制』のすすめ方実務(大阪)
    日 時:平成29年9月27日(水) 13:00〜17:00
        平成29年9月28日(木) 10:00〜17:00(計10H)

    予算管理の実務においては、期中での予算実績差異分析を通じ、行動の修正および適切な対策を講じることが極めて重要です。予算統制を有効に機能させることで、経営環境の変化に対応し、利益計画の達成に近づくことができるのです。
     本セミナーでは、予算管理および予算統制のしくみやその問題点について点検しながら、予算実績差異分析の実務について詳細に解説いたします。特に、月次決算(実績値)と予算の乖離についての原因分析、分析結果の取りまとめ方と報告、年間予算達成に向けた全社的対策の講じ方といった点について、ケーススタディ(演習)をまじえて実務的に解説を加えてまいります。
     また、予算と実績の比較分析の結果は部門別業績評価にも利用されますが、各部門の管理者にとって、その差異がどのように評価されフィードバックされるのかは非常に重要なことです。そこで、このセミナーでは部門別損益計算のしくみと業績評価(人事考課)の方法についても詳しく取り上げてまいります。
  • 主催・会場
    一般社団法人日本経営協会 関西本部
    〒550-0004 大阪市西区靱本町1−8−4 大阪科学技術センタービル5F
    ・地下鉄四つ橋線「本町駅」徒歩5分
    ・地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」徒歩6分
    ・地下鉄御堂筋線「本町駅」徒歩8分

    一般社団法人日本経営協会 中部本部
    〒461-0005 名古屋市東区東桜1−13−3 NHK名古屋放送センタービル10F
    ・地下鉄桜通線「久屋大通駅」徒歩10分
    ・地下鉄東山線/地下鉄名城線「栄駅」徒歩10分

    申 込: テーマ名にリンクのある場合はリンク先にてお申込が出来ます。リンクがない場合は現在はまだ申込を受付けておりません。申込可能になりましたらご案内します。

■日本監査役協会関西支部主催セミナー

  • 会計監査人非設置会社における経理部門の強化と監査役の役割

    日 時:平成29年11月 7日(火)15:00〜16:30(計1時間30分)

    会計監査人非設置会社においては、監査役が主体的に会計監査を行う義務がありますが、経理部門を経験された監査役は約2割であり、効率的に会計監査を進められないという現状があります。 本企画では視点をかえて、管理部門に人員を割けない中堅・中小規模会社において、効率的・効果的に経理部門を強化するポイント、又各月末や本決算において監査役が着目すべきポイントを解説いたします。

    場所:日本監査役協会関西支部会議室
    大阪市北区堂島浜1-4-16 アクア堂島西館15階

NEWS新着情報

経営革新等支援機関
木村公認会計事務所は中小企業経営力支援法に基づく経営革新等支援機関に認定されています。皆様の財務力強化、資金調達の強化を支援します。

バナースペース






木村公認会計士事務所     

〒573-0105
大阪府枚方市長尾東町1-43-10

TEL 072-897-3018
FAX 072-897-2018